サイトへ戻る

もうすぐ完成です。

couesnon monopole tenorsaxophone ケース作りました。

さてさて、いよいよケース作りも最終仕上げ段階に入ってまいりました!!ここからはリガチャー制作やレッスン室の自作防音、楽譜をぴったり収納できる本棚や個人用防音室作成、壁紙張替え、外壁塗装等々、数々のDIY経験を活かし、サクサクっと自作ケースを完成させますよ♪

上から順に隅金具、パッチン錠、D環、丁番、取手です。早く取り付けたい!!!

金具類を取り付ける前に、ケースの外側に着色し、その上からウレタンニスを塗布。

着色にはインスタントコーヒーを水で溶いたものを使用して集成材の継ぎ目を強調させます。

コーヒーのいい香りに包まれながらの作業です。(≧▽≦)

ドリルでD環を取り付けるための下穴を開けます。D環を取り付けてリュックタイプにします。

真鍮板にギボシを半田付けして、革ベルトでD環を留められるようにしました。スチームパンクな感じがカッコいい!!次は丁番・パッチン錠・取手・隅金具を取り付けます。

こちら側にも取っ手があったほうが便利。ハンズのワゴンセールで見つけた革の取手です。

いよいよ楽器ケースらしくなってきました。プレーンな感じも捨てがたいのですが、やはりオリジナルのロゴを追加することにしました。金具のメタリックな感じに合わせて、アルミプレートにYUKIYO’S デザインのパンダをあしらって、アンティークピンで留めてみます。

いい感じ。ケース蓋の中央には私デザインのレインボーなロゴシールを張り付けます。

ケース外側、表側と裏側。

外側が完成しました!!どうですかっ!!!!!?写真はピンボケしていますが、かなりの出来栄えです。ネジと木工用ボンドのおかげでしっかり頑丈、そしてファルカタ材なので軽い。

あと少しだ~、テンション上がってきたぁ~(≧◇≦)

次回は内装の様子をアップしますよ。(続く)

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。