サイトへ戻る

新しい古いテナーサックス

緊急事態宣言が解除されてしばらく経ちましたが、皆さん健康ですか?

私はというとコロナに感染することもなく、風邪すら引かず、元気に過ごしています。

コロナの影響でレッスンがお休みになり、イベントがことごとく中止になる中、

1930年代のヴィンテージテナーサックスを発見、シルバーの魅力に惹かれ購入を決意。

緊急事態宣言解除後の6月中頃、船橋ミュージックポルテでめでたく購入するに至りました。

couesnon monopole

ポルテの店長さん曰く中々珍しい楽器なので、キーの開きなどのセッティング情報が無い。

という訳で、これから色々吹いて試しつつ情報を共有してみることになりました。

ネックと本体の長さがノーマルと違う(またの機会に詳しく説明したいと思います。)ので、

選んだケースに収まらない、、、じゃぁ作るか!ということで只今ケースも作成中。

ビンテージサックスの情報や楽器ケース制作過程などなど、追って報告したいと思います。

さてさて、どうなるどうなる???!(続く)

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。